諸君、おはよう。私だ。

この世の中にどれぐらいの人間が一人暮らしをしているのだろう。
誰しも一人暮らしを経験したことがあるだろうが(経験ない人はすまない)
諸君は一人でいるときに、こんな体験をした事はないだろうか…

部屋から物音がする、勝手に電気がついたり消えたりする、
知らぬ間に残していたはずの食べ物が少しずつ減っている…等々、
一人を狙ってか奇妙な現象に襲われた人は少なくないはずだ。

それを私は今まで、心霊現象か不審者か私の記憶のせいにしてきた。

だが、どうやら事実は違ったらしい。

君たちは妖精の存在を信じるだろうか?

耳を疑うかも知れないが、私は見てしまったのだ。
ちいさい妖精が私の部屋を好き放題荒らしている様を!

その正体はちっさいおっさん、「おじぽっくる」である。

人間界でよく「くさい」とか「うざい」とか「きもい」で有名な中年オヤジによく似ている。
私もそのうち時期が来てしまうのだろうが、そのオヤジ達によく似ているのが、おじぽっくるだ。

そのおやじ妖精、今までは人間に姿を見せなかったのだが、
どうやら彼らの「消える力」とやらが弱まってきているらしい。
最近では目撃情報も多数報告されており、App Storeでは上位に食い込むほどだ。

なるほど、近頃私の部屋が散らかってきているのも
おじぽっくるという妖精の仕業だったのか…

まぁ諸君も妖精の存在を疑う前に一度こちらからアプローチをかけてみてはどうだろうか。
きっと新しい出会いが待っているはずだ。

…冷めた目でみるな。

諸君、さらばだ。