目次

1.編集長の一言

2.今週のゲームニュース

3.レトロゲーム体験記

4.僕を作ったゲームたち

5.イベント情報

 

1.編集長の一言

こんにちは、週刊サムライゲームマガジン(仮)編集長のS男です。

先週末に急性胃腸炎にかかったようで、週末ずっと寝込んでおりました。

最初の1、2日で、熱はだいぶ治まってきたので、あとはずっとゲームをしてました。最近買った『クロノトリガー』は順調に進んでおりまして、プレイ時間は10時間を超えました。

やり過ぎて、時空を超えた旅をしている夢をみていました。

どっぷりとゲーム世界に浸かっております。帰ってこれないかもしれません(笑)

 

2.今週のゲームニュース

韓国政府がドローンに280億円を投資

各国の政府がドローンに注目してますな!

 

世界の先をゆくドローン大国フランス事情

フランスのドローンの商用利用は、世界をリードしているとのこと、既にドローン企業は1200社を超えているみたい!

ドローンを使っての農業用データ分析とか面白いなあ〜!

 

“どこでもドア”ができる? 死後の人と話せる? VRがもたらす30年後の未来とは――“DIEC”基調講演リポート

番組ではVRと関連するテクノロジーとして、AI(人工知能)も取り上げられた。これはVRとAIを駆使して“死後もコンピューターの中で生きられる”ことを目指す研究で、つまりは“もうひとつの人生”が得られる未来がある、というものだ。

って凄すぎ!!?

 

 

3.レトロゲーム体験記

『ドラゴンクエストⅥその25』

人魚をかくまっていた男のいたペスカニから、西にある大陸に上陸し、宿屋から北にある雪原地方の町マウントスノーに着いた主人公達。

入ってみると、町にいる住民は全員氷漬けに!?

外にいる住民だけでなく、家の中にいる住民も凍っているし、シチューも凍っているのはただ事ではない。

町を全部回ってみると、唯一ひとりだけゴランという老人だけが、無事に生命活動を行っているので話を聞いてみようと思っても、歯切れの悪い印象。

そこで、町を後にし、北東のほこらで雪女に会い、再びマウントスノーに戻ると、このゴランという男が雪女の話を不用意によそに漏らしてしまったことで、50年も町ごと氷漬けにされてしまったという真相を聞く事ができた。

たったそれだけの事で50年も町ごと氷漬けにするというのは、かなり壮絶な話だ。この雪女とは友達になれない気がする。

そういうわけで、再び雪女に話に行き、ゴランが反省をしていることを知った雪女は町の呪いを解除、ようやく伝説の剣の情報を知っている神官から話を聞く事ができ、無事伝説の剣を手に入れたのだが、なんとその剣が錆びていたのであった…!

つづく

 

4.僕を作ったゲームたち

『第12回 LUNAR2エターナルブルー』

978005418

『LUNAR シルバースターストーリー』の続編。

こちらも前作と同様に、名作との声が多いゲームだ。

考古学者の卵である主人公のヒイロは、女神アルテナと同等の力を持つ「青き星」のルーシアと出会うことで人生が大きく変わる事になる。

ルーシアを女神アルテナに会わせるために旅に出るのだが、何故かアルテナ教団からはルーシアを魔王として討伐命令が出て、命を狙われる始末。

その中で、遥か昔、「青き星」を滅ぼし、今ルーシアの力を得て、LUNARを滅ぼそうとするゾファーとの戦いに巻き込まれることになる。

ここで、全部を説明することはできないが、ストーリーもキャラクターも全部魅力的で、エンディングは歴代RPGゲームの中でも3本指に入るほど好きかもしれない。オススメゲーム!

 

5.イベント情報

ドローンレース

第2回 Japan Drone Championship開催決定!

JDRA(日本ドローンレース協会)公式レース
ジャパン・ドローン・チャンピオンシップとは・・・

スピード感を重視した、ドローンによるレースを開催いたします。
初心者可!機体レンタル可!優勝者には賞品!
レースに参加しないお客さまも、レース会場にご来場いただきレース観戦やドローン体験プレイ、フリー走行ができます。
また、会場内ではドローンの販売や展示なども行っておりますので、是非ご来場ください!

|開催日時
2015/4/5(日)
|タイムスケジュール
13:50 開場

14:00 開会式、ドローン体験&フリー走行

15:00 第1レース(AR.Drone 2.0、ローリング スパイダー による初心者レース)

16:00 第2レース(EYE One Extremeによる上級者レース)

17:00 表彰式

17:30 終了

※進行により変更になる場合がございます。
|コースについて
第1レース・・・オーバルコース(トラック3周)
第2レース・・・オーバルコース(スラロームあり、トラック5周)

|チケットについて
レース参加
ドローンレースに全て参加できます。観戦やドローン体験プレイ、機体をお持ちの方はご自身の機体の走行も可能です。

観戦&ドローン体験プレイ
ドローンレースの観戦、レース以外の時間にドローンの体験プレイ、機体をお持ちの方はご自身の機体の走行も可能です。

※レースは基本的にEYE One Extreme、AR.DRONE、ローリングスパイダーの機体のみ出走可能です。
※ご自身で機体をお待ちでない方も、会場にて貸し出しているAR DRONE、ローリングスパイダー でレースに参加できます。
※レース参加者枠に余裕がある場合、差額分をお支払いいただければ当日レースに参加することも可能です。

予約はこちらから!