目次

1.編集長の一言

2.今週のゲームニュース

3.レトロゲーム体験記

4.僕を作ったゲームたち

5.イベント情報

 

1.編集長の一言

こんにちは、週刊サムライゲームマガジン(仮)編集長のS男です。

最近は、ゲーム動画にハマっております。

この記事を書いている間も、『ドラゴンクエストヒーローズ』や『ロマンシングサガ2』のプレイ動画を見ております。

ていうか、この記事にまったく関係ないのに1時間ほど、動画あさりしているのは、人間としてダメすぎると落ち込んでいるところであります。

しかし、色々な縛りプレイをしているゲーマーがいるものです。

僕は一人縛りとか、低レベルクリアなどはやったこともなければ、そこまでゲームが上手いわけでもないというものがありまして、羨ましいなあと思います。

ああ、ゲームをとことんやりたい…

 

2.今週のゲームニュース

【全文】任天堂とディー・エヌ・エー、 業務・資本提携に関する共同記者発表会

「ゲーム専用機の過去タイトルをそのままスマートデバイスに移植することは一切予定していません。」

これは悲報な気がします。

 

短いからこその名作。一晩でクリアできる良ゲーム10選

一晩でクリア出来る良ゲームか!面白い。

これからの時代に即しているかもしれない。無料を入り口に、ハマらせて収益をあげさせるタイプのビジネスモデルでは厳しいかもしれないけど。

 

日本のPeatix、500万ドルを調達してチケット販売サービスを世界展開

Peatix様には、いつもお世話になっております!

応援してます!

 

空撮ドローンParrot Bebop Droneは7万円台で4月上旬発売。Oculus対応コントローラ付き14万円

要注目!

 

 

3.レトロゲーム体験記

『ドラゴンクエストⅥその23』

空飛ぶベッドに鏡に閉じ込められた姫に続いては、人魚の物語。

漁業でかつては栄えていた、ペスカニの街。

そこの一番の漁師だったが、怪我をして漁が出来なくなってしまったロブ。

そんなロブの後を追うと、なんと人魚をかくまっているじゃありませんか!

「絶対に秘密にしていてくれ!」とお願いされるが、それってフリだよね? ダチョウ倶楽部さんに教えてもらったよ? それ、フリだよね?

と言いたいところだが、シナリオ上そんな冗談も言ってられないので、とりあえず、このロブが海で溺れているところを助けたため、群れからはぐれてしまった人魚を群れのところに連れてってあげることに。

レベルを相当あげているので、海にいるモンスターなど、数にはならず、あっさりと依頼はクリア。

なんと、お礼に海中に潜れる「マーメイドハープ」を頂いてしまった。

こんな貴重なものをいただけるなんて、人助けって凄すぎない!?

さて、海中の世界まで行けるようになった主人公達。

これから、伝説の武具探し、残りの魔王達の討伐、ほんとの自分探し、等が絡まり合い、面白い展開になっていきますので、乞うご期待!

つづく

 

4.僕を作ったゲームたち

『第10回 サガフロンティア2』

3cc5fa7a

前回のサガフロンティアに引き続き、サガフロシリーズ!

2は、1とは、というより、サガシリーズの中でも異色で、スタート時に複数の主人公からシナリオを選ぶタイプではなく、

大きな2つの大河物語を軸に様々な単発シナリオを体験するタイプになっており、

サガファンの一部からは、従来のものとの違いから、批判もある。しかしながら、かなりシナリオが良く、サガシリーズであるかないか関係なく良作という意見も多いゲームで僕は大好きなゲームである。

魔法が使えることが当たり前の世界で、王族にも関わらず魔力(アニマ)が一切ないため、城から放り出されてしまった悲劇に負けずに、魔法を通さない鋼に目を付け、鋼鉄軍を組織し、覇権を握った織田信長のようなキャラのギュスターヴとその子孫たちが表の歴史とするなら、

エッグという名前は可愛いが、世界を滅ぼす力を秘めた恐ろしい代物に運命を狂わされ、戦い続けたナイツ一族の裏の歴史、

この2つの大きな流れが交差した時に、エッグを破壊し、世界を救う事が出来るのだが、そうなった時の感動が半端じゃないのは、キャラクター達を子供時代の頃から知っていたりするからだろう。物語に対する感情移入度がまったく違うのだ。

正直、スマホゲームなどでは、現時点でこのクオリティのゲームを作るのは難しいのかもしれない。いや、こういった感想を持ってしまうのは、懐古的になっている元ゲーマーのおやじだからかもしれないが、そう思わせてくれるくらいに素晴らしいゲームだ。また、やりたい。

 

5.イベント情報

cover-kGbNIuYrTdqkQhgW5rGaeOwvo8pAskcx

第2回 Japan Drone Championship開催決定!

JDRA(日本ドローンレース協会)公式レース
ジャパン・ドローン・チャンピオンシップとは・・・

スピード感を重視した、ドローンによるレースを開催いたします。
初心者可!機体レンタル可!優勝者には賞品!
レースに参加しないお客さまも、レース会場にご来場いただきレース観戦やドローン体験プレイ、フリー走行ができます。
また、会場内ではドローンの販売や展示なども行っておりますので、是非ご来場ください!

|開催日時
2015/4/5(日)
|タイムスケジュール
13:50 開場

14:00 開会式、ドローン体験&フリー走行

15:00 第1レース(AR.Drone 2.0、ローリング スパイダー による初心者レース)

16:00 第2レース(EYE One Extremeによる上級者レース)

17:00 表彰式

17:30 終了

※進行により変更になる場合がございます。
|コースについて
第1レース・・・オーバルコース(トラック3周)
第2レース・・・オーバルコース(スラロームあり、トラック5周)

|チケットについて
レース参加
ドローンレースに全て参加できます。観戦やドローン体験プレイ、機体をお持ちの方はご自身の機体の走行も可能です。

観戦&ドローン体験プレイ
ドローンレースの観戦、レース以外の時間にドローンの体験プレイ、機体をお持ちの方はご自身の機体の走行も可能です。

※レースは基本的にEYE One Extreme、AR.DRONE、ローリングスパイダーの機体のみ出走可能です。
※ご自身で機体をお待ちでない方も、会場にて貸し出しているAR DRONE、ローリングスパイダー でレースに参加できます。
※レース参加者枠に余裕がある場合、差額分をお支払いいただければ当日レースに参加することも可能です。

予約はこちらから!