目次
1.編集長の一言

2.今週のゲームニュース

3.レトロゲーム体験記

4.僕を作ったゲームたち

 

1.編集長の一言

こんにちは、週刊サムライゲームマガジン(仮)編集長のS男です。

今回は普段の火曜日配信ではなく、水曜日配信になります。

先日は、サムライゲーム主催のイベント、ジャパンドローンチャンピオンシップというドローンレースを開催していました。

レースの詳細レポはこちら!

東京でドローンレースを開催した結果www

予期せぬトラブルは結構ありましたが、ドローンが飛んでいる様子を見ると、なんというか、今までの大変さを洗い流してくれるような爽快感をもたらしてくれました。

なんというか、色々なもやもやを吹き飛ばして、未来に連れて行ってくれるような…

と言っても、まあ、私S男は開催準備やレース当日に関して、

ほとんどお手伝い出来てないんですけどね。

 

さて、そんな構想と準備に3ヶ月ほどかかった、ドローンレースですが、ひとつの悲報を生み出しました。

【悲報】キョースケ、ドローンにハマるwwww

サムライゲーム随一の知識量とこだわりを持つ、キョースケさんがドローンにハマってしまいました。

ちなみに彼のゲームの知識量は半端じゃなく、ゲーム好きが集まったはずのサムライゲームの面々をどん引きさせましたし、

僕がたまたま聞いた原付の話では1時間ノンストップで講義をしてもらい、大いに助けられました。

カメラは好きが専門スキルになり、イベントごとの撮影をお願いされたり、物販で成果を出したりと、趣味を仕事に出来る人なのであります。

彼曰く、「気になったら調べちゃうんですよ…!」

と言っていましたが、思うに凝り性なんだと思うんです、オタク気質というか。

しかし、それはこれからの時代においては大きな武器で、僕としては、とても羨ましい限りなのであります。

だから、僕は経営スキルに優れた人と組んで、何らかの事業を創業していくのが、一番向いているのかな?と思っているわけです。

なので、今回のドローンにハマったという件も、どちらかというと、未来を感じるので個人的には祝報なわけであります。

 

2.今週のゲームニュース

2014年世界で一番売れたゲームトップ10発表!日本発『スマブラ』がランクイン

スマブラは根強いですな〜

 

サマーレッスンのBNG原田氏も登壇 AR/VRゲーム開発を語る限定セミナー1/30開催 残席わずか!

某ゲーム好きの名言

「ゲームキャラは劣化しないし、スキャンダルを犯さない」

 

3.レトロゲーム体験記

『ドラゴンクエストⅥその16』

ヒット&アウェイでレイドック城下街の井戸のモンスターに挑み続ける主人公達。

どういうキャリアプランを練っているかというと、現在仲間になっているキャラクターでいうと、

・主人公

戦士→武闘家→バトルマスター→勇者

・ハッサン

武闘家→戦士→バトルマスター

・ミレーユ

魔法使い→踊り子→遊び人→スーパースター

・バーバラ

魔法使い→僧侶→賢者

・チャモロ

僧侶→武闘家→パラディン

 

という流れを考えている。

なかなかにバランスの良いチームになるはずだが、現時点では、魔法使いや僧侶になっているメンバーがHPは低く、主人公の攻撃力は低く、使い勝手の良い技も持っていないので、ハッサン様々の状態である。

仲間に入った当初は会話に自信家の部分があり、「何言ってんだよ、このキン肉マン!」と思っていたのだが、本当の自分を取り戻したからか、頼りになる存在になったのである。

だいたい、200回以上モンスターを退治してから、モンスター狩りに飽きたので、冒険を再開することになった主人公たちであった。

つづく

 

4.僕を作ったゲームたち

『第3回 ロマンシングサガ3』

images

 

僕は(自称)投資家としての顔を持っており、今度友人の会社を2年以内に上場させるべく、手助けをする予定なのですが、そんな僕が初めてビジネスに触れたのはこのゲーム、「ロマンシングサガ3」だったと思うのです。

このゲームはRPGなのですが、企業買収ゲームとか、戦争ゲームといった、かなりこだわりを感じるミニゲームが用意されており、それ単体でもかなり楽しめるのである。

お金を積みまくって、買収!

交渉をして、買収!

悪い噂を流して、買収!

そしてたまに、買収防衛!

そうやって、世界一の企業にして、闇の勢力のフロント企業をぶっ潰すという正義を成し遂げていくというものでした。

このゲームがあったから、ビジネスは楽しいもの、お金は良いもの、というイメージがあったのではないかと思うのです。

ちなみにRPGゲームとしても名作で、サガシリーズの戦闘中の閃きシステム、そしてシナリオ共に非常に高いレベルで出来ていたわけですよ。

ああ、もう一度、やりたいな…

最近、昔のゲームを紹介しているせいで、YouTubeで懐かしゲームのプレイ動画を見ている機会が増え、ゲームのプレイ時間が増え、とんでもない事になっています(笑)