先日、無事終了したジャパンドローンチャンピオンシップ、事件は打ち上げの席でサムライゲームの影の支配者、Mさんから放たれた一言から始まった・・・。

Mさん「キョースケ、2.4GHzで小さくて、安くて、自動ホバリング(オートパイロット機能の1つ)が出来るプロポ付属のドローンを探しておいて」

オイラ『う、うっす((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル』

そう、何人たりともMさんには逆らえない、僕は期待に応えるべく検索をかけるのだった・・・。

『小型で安くてプロポ付属っていうのはOKの機体が多いけど、自動ホバリング搭載っていうのがなー』

・・・・10分後・・・・・

『やっぱり勝つなら、カーボンしかねぇ(゜∀゜)www』
『レースで壊すこと考えると自作してパーツ単位で交換可能なゴニョゴニョ・・・・(ry』

サムライゲームメンバーの中でも無類のメカ好き、レース好きのオイラ、Mさんからの頼みごとも忘れてドローン自作の情報集めに没頭w
まぁ元々ハマるのが分かり切ってる人種だよね、僕の場合w
※レース当日、スタッフとしてドローン体験の説明をしてた時も、長く説明して自分が触れる時間を延ばしてましたゴメンナサイm(_ _)m

で、速攻ポチったのが、こちら
$_57
ZMR250っていう、自作用の中でもかなり小さなカーボンフレーム
レースをやる以上、軽いというのが最強の武器、出力や制御は後からどうにでも出来る

値段もなかなか安く、日本円で約3000円也w
これなら墜落させて壊しても全然痛くないレベルだ

付属のボルト(多分M3くらい)が気に入らない
qu76115-10ne
黒に着色してあるってことはおそらく材質は鉄か、良くてアルミ製の黒アルマイト、到着したらチタンに変更する予定
それに、このナットはおそらくナイロンナット(緩み止付きナット)、分解時に手間が増えるだけなのでこれもチタン製の、出来れば通常よりさらに軽い低頭ナットに交換予定

このアルミ製のスペーサーも見た目はカッコ良いけど、軽量化の為にチタンにしたい・・・
qu76115-11ne
これは図面書いて、どっかで作ってもらうしかないかなー

とりあえず、そんな感じでフレーム到着したら、またレポします!
そもそも自作機でレース出れんのか、分からないけど(´・ω・`)