「竹之内、今更私の名前が決まったわ。音無 静香よ」
『そーいえば〇〇でしたよね』
「ええ、作者の手抜きね。因みに作者、先週公開の仕方が解らなくて飛ばしたわ。だから今日は三本立てよ」『へえ』
「あわよくば毎週複数回上げるかも知れないわ」
『ほう』
「ふん、気合いが足りないわ。しかも私より後に自分のペンネームを決める始末よ、かるまさんタグすら付け方を知らないからまだ未分類よ。思い切り蹴飛ばしてきたわ。まったく適当なんだから。ああなっては駄目よ、竹之内」
『はあ』

「あなた、執事の自覚あって?」

『すいません、今日はパスで』
「あら、なにかあって?」

『色々あって、彼女にフラれたんですよ…』
「あらそう。そんなあなたに虹色カノジョね」
『あれ、軽く流すんだ…なんすかそれ』
「嫁育成ゲームよ」

『嫁…うっうっ…結婚しようねって言ってたのに…』

「はあっ、うるっさいわねえ~メソメソと。あなたを振るような女は忘れてしまいなさい、見る目が無さすぎるわ」

『はは…すいません、慰めてくれて…あざっす』
「ふん、何を言ってるの、自分に自信を持ちなさい。あなたほど有能な執事は早々いなくてよ」
『なんか複雑ですね』
「空元気出しなさい、ほら、ダウンロードしたわ、スマホをご覧」
『わー、勝手にしてるけど、なかなか可愛いイラストですね』
「でしょう?美少女萌えには調度良いし、育て方で性格が変わるのよ。理想像を追い求めて大事に育成なさい。他にも、ようこそファミーユへなど、アプリにはいくらでもあるのよ。そうね、あなたがDSを持っているならラブプラス+あたりが良さそうね」

『あのー』
「なにかしら?」
『静香様も同じように入られたので』
「…それは何の話かしら?」

『あれ、黒いモヤモヤが見える気が…いえ、またにします』
「さ、気がすんだわね、とっとと執事に戻りなさい」
『畏まりましてございます』
「次回はゲストを呼びたいわ、竹之内、手配なさい」
『御意に』

2014年3月27日に発売されたラブプラス+。上手く会話すれば50日ほどで疑似恋愛が楽しめます。
書き下ろしイラストに、巫女服、大正袴、ボディコンなど特殊衣装も。イベントや勉強会、デートなど様々なイベントに、隠し要素の夢イベント…
好きな子と会話を楽しむ恋愛シミュレーションゲームには女性用や大人向けもありますよね。
実は、恋愛は健康にとっても良いんです。素敵なドキドキを体験してみてください!