目次
1.編集長の一言
2.レトロゲーム体験記
3.イベント情報
4.編集後記

 

 
1.編集長の一言

こんにちは、週刊サムライゲームマガジン(仮)編集長のS男です。

12月に入りましたね。

もう、すっかりと、恵比寿やら、六本木やら、丸ノ内やらで、町がイルミネーションに彩られており、恋人たちの季節という感じであります。

しかしながら、この季節はどうもそういう空気に当てられていい人とよくない人に分けられてるようで、

昨日だけで、街中で泣き叫びながら歩いている女性を二人見かけました。

その前の日も、なんかギャーギャー喚きながら、改札を通る女性もいましたし、何かすごい感じになっております。

やはり、現実の世界で生きるには限界を感じてる方が多いんでないでしょうか?

VR技術の発展が望まれているような気がします。

 

 

2.レトロゲーム体験記

『ドラゴンクエストⅥその8』

さて、前回はアモールという水の綺麗な町で、数十年越しの恋愛を成就させ、無事、かがみのカギを手に入れ、ラーの鏡のあると言われている、月鏡の塔へ向かう主人公たち。

月鏡の塔は、その名前のとおり、鏡がトラップになったり、ラーの鏡のある部屋に僕らを導いたりとキーになります。

そんな、月鏡の塔、気を付けないといけないのが、本来ダンジョンの最後にいることが多いボスが、入口付近にいることであります。

なんか妙に強いモンスター3体と戦うことになり、割とMPも削られてしまうので、この先にもっと強いモンスターもいるかもしれないから、1度戻ろうかと考えたくらいです。

もちろんボスが復活するわけではありませんから、先に不安があるのなら、1度どこかの町に戻り、状態を整えて問題はありませんが、ただ、これ以上に強いモンスターはここにはいません。

さて、塔の内部を進んでいくと、ちょっと前の主人公たちのように半透明になっている女の子、バーバラ発見!

どうやら、実体を取り戻すためにラーの鏡を手に入れるため、ここへ来たらしい。

しかし、カギもなしにどうやってここまで?ていうか、ここまで来るのに、モンスターはどうやり過ごしたの?とか、色々疑問は湧くが、

とりあえず、ゆめみのしずくをかけてあげると、バーバラも主人公と同じく実体を取り戻すことに。

そして、特に目的のなくなったバーバラは、とりあえずラーの鏡を手に入れるために主人公たちと一緒に、ラーの鏡獲得へ!

いくつかの試練を乗り越え、鏡を獲得した主人公たちは、長い旅を終えて、ついにレイドック王のもとへ凱旋するのでした。

つづく

 

 
3.イベント情報

オキュラスバー2ndの余韻冷めやらぬ中、

12/27にとても面白いイベント、やっちゃいます!

続報に期待していてください!

 

 
4.編集後記

さて、11/29のオキュラスバー2ndも無事終えて、サムライゲームも新たなステージに踏み出すフェーズに入ってまいりました。

イベント事業に、ゲームメディア事業に加え、これから物販の事業に着手して、地力をつけつつ、ゲーム業界にイノベーションを生み出す準備をしていくことになるでしょう。

今後とも、サムライゲームの応援をよろしくお願いいたします。