こんにちは、週刊サムライゲームマガジン(仮)自称編集長代理予定のS男です。

先週に引き続き、レトロゲーム体験記を載せてみました。

それでは、今週もたくさんのゲーム情報をお送りしたいと思います。

目次
1.自称編集長の一言
2.今週のゲームニュース
3.レトロゲーム体験記
4.編集後記

1.自称編集長の一言

本当に私事で申し訳ありませんが、僕、先ほどまで某有名マネー雑誌で取材を受けていました。(僕には投資家という知的な一面もあるのです)

僕の知名度向上のために…ゴホッゴホッゴホッ!…ゲーム業界やその他ベンチャーへの投資活発化のために、色々語らせていただきました。

しかしながら、僕が風邪気味だからでしょうか、それともこれから世界的に株価が暴落すると言ったからでしょうか、それとも先週のブログで半沢直樹をネタにしたからでしょうか…

1時間の予定が30分になり、早々に帰されてしまいました。

どうやら倍返しではなく、1/2帰しをされてしまったようです。

orz

orz

orz

images

images-2

images-2

images

別れ際に「大成功するか、大失敗したら、また来てください」と言われたので、単に話した内容が記事にするにはしょぼい話だったのかもしれません。

とりあえず、シンガポールか香港あたりで10億ドルぐらいのお金を運用する投資会社を立ち上げて、この出版社を買収しに戻ってくることにしようと思いました。

2.今週のゲームニュース

Plague Inc.ー伝染病株式会社ー:パンデミックを引き起こし、人類を絶滅に追い込め!無料Androidアプリ

これ、今週どころか去年の記事ですが…しかも、逆にウィルスとかをまき散らして、人類を絶滅させようという不謹慎なゲームアプリですが…こういった事が現実に起こるかもしれないという意味ではゲームで学んでおくのはアリかと思います。

3.レトロゲーム体験記

『ドラゴンクエストⅥその2』

先週に引き続き、ドラゴンクエストⅥのゲーム体験記を綴ろうと思います。

一週間の間で、少しだけゲームに対する中毒症状が芽生え始めているのを感じ、怖くなっている僕であります。

何が問題かって、僕がゲーム中毒になっても、

誰も責任取ってくれないんですよね。

労災が降りないわけですよ、何言ってんの?って感じなわけですよ!

まあ、確かに好きでやっているんですけどね…

そんなわけで、ドラゴンクエストⅥですね。

images

とりあえず、村周辺の雑魚モンスターを一通り狩って、そこそこ武器と防具を買いそろえ、ランドという村のニートと会話したら、村長の依頼どおり、シエーナの町へ…

「ようこそ、マルシェの町へ」

…はっ?マルシェ?シェーナじゃないの?

まあ、いいや…

というわけで、マルシェの町で、村長から受け取った工芸品を兄弟で商売張り合っている人間に高値で売りつける。

そして、本来の精霊の髪飾りを買うという依頼を忘れ、おなべのふたというしょうもない代物を100Gで買って、商人のカモにされたり、武器と防具を買いまくったりして、終いには一文無しになり傷心の主人公は自殺するために、大きな穴に落ちそうな職人を助け、自分は大穴にダイブ!

そうして、主人公は17歳の生涯を終えたのでした…

と、そんなわけがなく、よくわからない世界に透明人間になりながら着地!

よくわからない状態に戸惑いながらも透明人間のまま、町に侵入!

町の中で、色々な人の話を盗み聞き、住居侵入、タンスの開け閉め、窃盗、やりたい放題です。

…と思ったら、この主人公、透明人間になる前から、住居侵入、窃盗、器物損壊などなど…前科何犯か数えきれないほどの罪を背負っていることを思い出しました。

…こいつ、もう、このまま元の世界に戻らないほうがいいのでは?
と思いましたが、世界を救うためには些細な話なので、ゲームを進ませるために、怪しげな井戸のあるところに行き、井戸の中にダイブ!

そうやって、無事元の世界に戻るのでした。

つづく

4.編集後記

私事ですが、明後日よりグアムに国外逃亡してきます。

美しいハニーとバカンスを…ゴホッゴホッゴホッ!…グアムのゲーム事情を調査していこうと思います。

しかし、ここまで読んでいただいた皆さんはお気づきのように、僕は少し風邪気味であります。

最初は下痢と腹痛、次の日は頭痛、ついに今日は全身が痛いです。

巷ではエボラ出血熱が騒がれていますが、僕が異国の地で死なないように、神様が止めようとしているのでしょうか?

それとも単純に死神が鎌を僕の首もとに置いているだけなのでしょうか?

ゲームの未来も気になるところではありますが、正直今の僕はそれどころではありません。

皆さんも僕の無事を気にかけていただければと思います。

また来週もよろしくお願いします。