皆さん、こんにちは!
レトロゲーム担当のキョースケです。

ゲームの発売日に学校(or仕事)をサボった事はありますか? 僕は・・・何度かあります(笑) 
最初にサボったのは、97年の1月31日(金)「ファイナルファンタジーⅦ」の発売日でした。
学校をサボって友達が勉強している時間に発売されたばかりのゲームをやる、この優越感は最高でしたね! まだやったことが無いという方は、是非一度体験してみて下さい(笑)

と、いうことで今回はプレステ人気の立役者「ファイナルファンタジーⅦ」について書いていきたいと思いますよ~。
logo
プレステの勝利を決定づけたといえるこのゲーム、一体何が良かったのか? 当時のプレーヤーとして考えてみました。

・キャラが良かった
一人一人にトラウマや弱いところがあって、いわゆる王道RPGのキャラは一人もいませんw 武器もクラウドのバスターソードがとにかく大きかったり、バレットは右腕がギミックアームになってたりとインパクトがありました。
10028677738
・ストーリー、世界観が良かった
星を守るという大筋と主人公クラウドの過去の記憶が絡むストーリー、独特の文明レベルの世界と飽きさせない要素が沢山ありましたね。
20070401tm maxresdefault (1)
・グラフィックが良かった
これはもう誰が見てもそうでしょう!過去作品からめちゃめちゃ進化したグラフィック、その為にCD-ROMは3枚組w 物語要所で流れるムービーは圧巻でした。
そしてこちらはプレイした人なら、サムネだけで分かるトラウマシーンのムービーw

・音楽が良かった
まぁこれは、そりゃそうだろうとw 植松伸夫さんが作ったFFの音楽で良くないものを探すほうが難しいです(笑)

結論:全部良かった(笑)
うん、全部良いです!w 歴代で最も売れたファイナルファンタジーですからねぇ それもそうなんですがw
実際このゲームの出来の良さが、その後のスクエニのプレッシャーになっていたり、リメイクが作られない理由の一つになっていたりするという話はよく聞きます。

最近では2013年にPC版がリリースされていますが、ほぼ完全移植です。 そう、それで良いんですよ、今のスクエニがリメイクなんかしたって大したモノは作れませんから(笑)
当時の主要スタッフだってほとんど辞めてるわけですから作ったとして、それはタダの真似た作品でしかないのでね。
リメイクというなら当時のスタッフで作るべきですよね。てかリメイクってそういう事だろうと思うわけですよ。
だからスクエニさん、FF7のリメイクだけは絶対にやめてください! PC版のような移植ならOKです。
とはいってもFF7は既にアーカイブス配信されているので、もはや移植もする必要はないですね。
まぁそんな感じで、今後とも出来るだけそっとしておいていただきたいですね、このゲームは。

さて、次回はその他のプレステのソフトについて書いていきたいと思います。 

では、またお会いしましょう!バイバイ!